通信制高校のメリットは自分のペースで勉強できるところ

自宅や自宅以外で自分のペースで勉強ができる

通信制高校通信制高校なら勇志国際高等学校

自宅や自宅以外で自分のペースで勉強ができる通信制高校のメリットは単位制である点転入ができ、単位や出席などを引き継げる

一般的な高校は、普通高校や通学制といわれる高校になります。
平日に授業があるため、毎日決まった時間に登校して授業を受けます。
基本的には学校側が授業のカリキュラムを決めているので、自分で選択できる範囲は狭くなります。
勉強が分かれば授業に出なくていいわけではなく、授業に出席をしないと出席に関わる単位の条件が満たされなくなります。
流れとしては中学校と同じようですが、中学のように授業に出なくても卒業ができるわけではありません。
中学から高校に進学をするとき、人によっては授業に出られない事情を持つ人もいます。
芸能活動をしている人だと、仕事が優先されるので授業への出席が難しくなります。
プロサッカーの下部組織に所属する人なども、練習があるので授業に出るのが難しい人もいます。
これらの人が利用するのにいい学校として通信制高校があります。
こちらは勉強を通信教育で受けられるようになっていて、日常的な通学が必要ありません。
テキストなどが自宅に送られてきて、それを元に自分で勉強します。
全く通学しなくていいわけではなく、スクーリングと呼ばれる面接授業に出る必要はありますが、それ以外は自宅や自宅以外のいろいろなところで自分のペースで勉強ができます。
一般的な高校では、授業のカリキュラムは学校が決めます。

アイドルが日曜に活動できないならアウトじゃんか。
通信制高校ってたくさんあるし、登校日は週2〜3回ってとこだから、土日に登校しなくて済む学校はいくらでもあるうよ。
なんでその学校を選んだの?

— イコ所長@5/26ドコモ南港グラウンド (@jrgamo) 2018年5月20日